ガングリオンの原因は間接包にある

公開日: ガングリオンの原因

ガングリオンは間接包や腱鞘の変性によっておこります。変性したところにゼリー状の液体がたまることで膨らみます。

テニスやサッカーなどのスポーツ選手や剣道やレスリングなどの武道や格闘技をしていて人に出る場合もあります。間接に圧力が加わって変性してしまうと考えられます。

もうひとつは女性に多いという特徴もあります。男性の3倍の確率で起こるといわれています。特にスポーツなどをしていなくてもなることもあるので、ほかにも原因があると思われますが、現時点ではわからないようです。


ガングリオンは神経を圧迫するなどして激しい痛みが伴わない限り、自然に放置しておけばいずれ消失する場合がほとんどようのです。

仮に手術をしても再発するリスクが高いので重症でない限りは、穿刺や放置するのが一般的です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :